toggle
2017-04-28

航空法

最新のAIM-Jで無くて済みません。

航空無線特殊技士・一級小型船舶操縦士と、ここまで何とか順調に来ましたので頭の中をリセットして7月の航空法の国家試験に向け頑張りま

す。

当初3月に航空法5科目を受験するものの法規のみの合格を目指しておりましたが(海外で取得した自家用ライセンスを国内に書き換える為に

は、航空特殊無線技士と航空法法規の合格が必須)、急遽フライトが1日延び受験することが出来ませんでした。

そこで出来れば5科目の内2つか3つ合格できれば万々歳と思って、再度リヴェンジすることに致しました。

通信はこの前の航空無線特殊技士の国家試験と重複する部分も多く、気象・工学に関してもつい先日合格した一級小型船舶操縦士と重複する部分

もあり、取り敢えず駄目元で頑張ってみたいと思います。

国内訓練で自家用操縦士を受験する場合、航空法は5科目全て合格しなければなりません。

実技の方も最低40時間飛行しなければならず、時間当たりの教官込みの飛行料金を考えると(ミニマムで受験・合格できたとしても)300万

程掛かりますので免許取得は夢のまた夢ですが、取り逢えず「Dreams Come True」「Never Give Up」の精神で頑張りたいと思っています。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です